FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅茶を飲んで思うこと~高い茶葉は美味いのか~

最近安いものから高いものまで、そこそこいろいろな紅茶を飲んでみて思うことは・・・

高い茶葉で入れた紅茶がその値段分だけ美味いだろうか?ということです。

というのも、すこし前にアフリカ(確かケニアかどこか)産のCTCの安物(といっても100gで800円くらいなのでそこまで安物でもないかもしれません)で御茶を淹れたことことがありました。

その頃100gで言えば1000円以上するような茶葉を日常的に消費していましたので、さぞやイマイチな味だろうと思ったのですが

むしろそこそこ良かったのです。

お高い茶葉より逆に万人受けする紅茶だとすら言えます。

香りはしっかり誰もが思い浮かべる紅茶の香りでしたし、味も渋みはほとんどなく、飲みやすくしかし味はそれなりに濃い。

美味い紅茶と一口に言って世の大半の人を納得させるに十分な風味と味です。

では、高い茶葉の価値とはなんなのか?

それは希少な個性ではないかと思います。

あるものは香りが、あるものは味が、渋みが、水色が

とにかく、他と違う。際立つものがある。そして何より、他に同じ特徴を出せるものがない。

結局のところお茶も嗜好品。いくら高くても安くてもそこには貴賎が存在しないとつくづく実感します。

他のあらゆる嗜好品と同じで好きか嫌いかだけが唯一絶対の問題なのです。

具体的に言うとセイロン・ウバは世界三大銘茶の一つに名が挙げられますが、ストレートな物言いをしますと、私は嫌いです。

あの強烈過ぎる香気と渋みがどうしてもおいしいと感じられないのです。

ですが、同時にセイロン・ウバの味が好きな人にとっては代わりになるものはこの世に存在しないのではないでしょうか。

逆に私が好きなフレーバードティーも他の人から見れば紅茶に香り付けをするなんて邪道だ!それにわざとらしくておいしくない!という方もいらっしゃるでしょう。

つまりそういうものなのです。高いも安いも。有名も無名も。とにかく自分が好きなお茶が正義なのです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ファイター隊長

Author:ファイター隊長
物欲オタク戦士なので今日も物欲と戦っていますw

物欲戦争死者数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
時計
Twitter
Twitter ブログパーツ
リンク
お告げ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。